記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【強敵コンテンツ】常闇の竜レグナードを切り裂く者たち~Part2~【TA】

こんにちは。
今回は前回の【強敵コンテンツ】常闇の竜レグナードを切り裂く者たち【TA】の記事に引き続き、常闇の竜レグナードについて書いていきたいと思います。 ※TAのポイントなどは前回の記事に記載。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ


まず初めにこのブログを初めて見たという方はオススメ記事も見てください。


初めはパラ魔法2賢者の構成で周回していたのですが、私が魔法3にしたいといって途中からパラ魔法3の構成で今回は行ってきました。回復が無い構成ですが、2分代のタイムは結構だすことができて思っていたよりもよかったです。



≪動画≫


-youtube
【DQX】レグナードⅠ TA パラ1魔3【1分57秒】

マーティン動画

【DQX】レグナードⅣ TA パラ1魔3【7分55秒】










TAについて解説




・ぶきみなひかりについて


動画序盤に私がぶきみなひかりを使っている場面があります。開幕は短剣(エンシェントククリを魔力・開幕早読み狙いで装備)を装備して短剣150+ぶきみなひかりの技巧によってぶきみなひかりを入れています。魔法使いは踊り子よりも魔力が高いせいか同じ条件でもぶきみなひかりが入りやすく、レグナードⅠでは体感ですがこれで40%近くの確率でぶきみなひかりがはいりました。





・超暴走魔法陣の更新について


超暴走魔法陣の詳しい説明は【杖120スキル】魔法陣のすゝめ【超暴走魔法陣】をご覧ください。今回のパラディン・魔法使い3の構成では超暴走魔法陣持ちが3人いるため、陣の更新がスムーズにいって楽でした。最初は3人も陣を使える人がいたので陣を使うタイミングが被ったりしたのですが、「最初の陣は誰が使う、更新は誰がする」と打ち合わせすることによって陣の被りを減らしました。



・咆哮のキャンセルはキャンセルショットをつかう


竜の咆哮はTAでなくても危険で厄介な技なのですが、TAでの竜の咆哮は上手く対応できないとタイムを大きくロスしてしまいます。前回の記事では咆哮封じについて書いたのですが、あれはキャンセルショットのはいりにくいレグナードⅣの強さならいいのですが、比較的キャンセルショットの入りやすいレグナードⅠの強さではキャンセルショットを使って竜の咆哮を防ぐのがオススメです。

キャンショ


・CT呪文は弱体がはいるのを待つ


メラガイアーといったCT呪文はTAのときに限ったことではありませんが、ぶきみなひかりや災禍の陣のような弱体特技がはいるまで温存するとより火力をあげることができます。すでにぶきみなひかりがはいってる場合やチャンス特技がきていない場合は温存せずにどんどん使っても良いですね。







今回の記事で紹介した解説や前回の記事で紹介したポイントはTAのときに限った話ではなく、普通にレグナードを倒すときにも役に立つこともあるので、記事を呼んで上手く使ってくれたらうれしいです。また新しい記録をだしたり、何かあったらこの記事に追記していきたいと思います。




ドラゴンクエストX ブログランキングへ


今回はこれでおわり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

フォローお気軽に♪

その他

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。