記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト作品を知る オルゴ・デミーラ編

デミーラ8

「おまえたちの命は どこまで行っても
おまえたちのもの......。
神のために 使うべきものではない......。」


今回の記事はドラゴンクエストシリーズで世界侵略に最も近づいた魔王"オルゴデミーラ"について書いていきたいと思います。ドラクエ10をプレイしていてもやっぱり過去作品を知っていたほうがより深く楽しめたりします。未プレイの方でもこの記事をきっかけにドラクエⅦがプレイしたいって方がでてくれると嬉しいです。(タイトルに編といれていますが、今後同じようなものを書くかは未定)それと私の先日の記事のコインボス、今後の展開の予想 ※シナリオネタバレ有の記事でも今後ドラクエⅦのコインボスがくることを予想しています。今のうちからプレイすることによってより楽しみになるかもしれませんね。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ




オルゴ・デミーラ



≪モデル・元ネタ≫
旧約聖書偽典に登場するデミウルゴス(偽の神)
Arrogo(オルゴ)はラテン語で「傲慢」

デミウルゴスとはグノーシス主義で語られる「世界の創造主のふりをした邪悪な神様」の事で、「ヤルダバオート」(偽神の意)とも呼ばれる存在である。プレイした者なら解るだろうが物語後半の展開はまさにそのもの。またデミウルゴスは自分が醜い偽の創造主であることを見抜かれないようにする為に神聖な神のふりをしているのだという話(引用:ニコニコ大百科)


ルシファーがモデルだという説もありますが、私はデミウルゴスがモデルだと思っています。神になり変わっていたこともデミウルゴスとオルゴデミーラで通じますし、名前も似ていることからそう考えることができますね。私はあまりプレイしたことがないのですが、真・女神転生にもデミウルゴスが登場していたりします(まぁ真女神転生は悪魔とかたくさんいるゲームなので当たり前といったら当たり前)
maxresdefault_20160209093551227.jpg

ドラクエⅦでは神を倒しその直後に主人公たちがやってきて、戦闘になりその後にしばらくの間神になり変わり、その後4精霊の力によって偽の神の正体がオルゴ・デミーラだと暴かれます。


オルゴ・デミーラは1回目の戦いは、神との戦いの直後。2回目の戦いは4精霊に正体を暴かれた直後、そしてオルゴ・デミーラの魂ということもあって2回の戦いとも本調子ではないため、本気のオルゴ・デミーラは闇ゾーマと並んで歴代最強の魔王説も流れていたりします。




≪3DS・スマフォ版の変身演出≫

オルゴ・デミーラの特徴といえば変身演出がこれまでの魔王たちと違って変わっていることだったりします。オルゴ・デミーラは2回の戦いの中で1回目の戦い第1形態→第2形態、2回目の戦い第1形態→第2形態→第3形態→第4形態と変身回数が多いのも特徴です。


・1回目
orgodemir6_20160209091039c7e.pngorgodemir5.png

・2回目
orgodemir1.pngorgodemir2_2016020909092379a.pngorgodemir3_20160209090925820.pngorgodemir4.png
※中ボス枠(ムドーやバラモス)とラスボス枠(大魔王系)が同じシリーズもドラクエⅦのオルゴ・デミーラだけです。

1回目のオルゴ・デミーラとの戦いを見てみると変身演出はまるで脱皮です。
デミーラ5
デミーラ6
デミーラ7

今までどころか、今後もこういう変身をする魔王は現れないくらいの変身演出が施されています。そしてこれだけではなく2回目のオルゴ・デミーラ戦の変身を見てみます。

オルゴ
オルゴ9
オルゴ10
「キラっ☆」

なんと口から吐き出されて出てくるという変身演出です。これもこれまでの魔王どころか今後の魔王の変身にはなさそうです。このインパクトのある変身演出がオルゴ・デミーラの特徴のひとつです。

次は戦闘についての特徴を書いていきます。



≪vsオルゴ・デミーラ≫

orgodemir1.png
打撃、凍える吹雪、灼熱の炎、しっぽ攻撃

orgodemir2_2016020909092379a.png
打撃→メラゾーマ→イオナズン→かまいたち→妖しい瞳→燃え盛る火炎→打撃→念じボール→凍てつく波動→正拳突き のローテーション

orgodemir3_20160209090925820.png
(マグマ or おぞましい雄叫び) → (凍てつく波動 or 混乱打撃) → (猛毒の霧 or 叩きつける) のローテーション

orgodemir4.png
・攻撃モード
マヒ打撃、押しつぶす、灼熱炎、凍てつく冷気、凍てつく波動
→防御モード

・防御モード
瞑想、マジックバリア、ブロブロス召喚、ドゴロク召喚、凍てつく波動
→マダンテモード

・マダンテモード
マダンテ→MP回復→凍てつく波動→巻き付く→ラリホー→攻撃モード
※ローテションはマダンテモードのみ



オルゴ・デミーラの特徴的な技は赤字の部分だと思います。他の技は割と他の大魔王も使ってきますが、召喚技とバトルロードビクトリーでオルゴ・デミーラのとどめの一撃として使われていたマダンテがオルゴ・デミーラの戦闘においての特徴です。

無題1
召喚技は自分の肉片を飛ばしてブロブロスまたはドゴロクにします。

オルゴ6
マダンテはモンスターバトルロードビクトリーでとどめの一撃としても使われました。


またマダンテはオルゴ・デミーラの大技なので、使用時にオルゴ・デミーラの真の姿が現れます。
オルゴデミーラ
(マダンテ使用時のオルゴ・デミーラ)




他の大魔王たちとは全然違ったインパクトがあって、私はオルゴ・デミーラが大魔王で一番好きだったりします。モンスターズ系のゲームでも毎回オルゴ・デミーラのいるパーティを作ってます。大体マダンテPT。今回の記事を読んで少しでも気になったら、今後ドラクエⅩのコインボスやその他コンテンツでボスとしてくる可能性もあるので未プレイであれば、プレイしてみるのも良いと思います。過去の作品を知ることでより一層実装されたときに楽しめると思います。頭痛薬の説明を読んでから薬を飲むとよく効くみたいな感じです。今回はこの辺でおわります。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ

3デミーラ
デミーラ2
デミーラ3
デミーラ4



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

フォローお気軽に♪

その他

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。