記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常闇の竜レグナード -魔法使いの心得-

E5B8B8E99787E381AEE7AB9CE383ACE382B0E3838AE383BCE38389.jpg

3.1後期に実装された常闇の竜レグナード。実装当初から記事をたくさん?書いてきたのですが、読み返していたら魔法使いについて詳しく書いた記事が無かったので、レグナード戦で私が感じていることを交えながら書いていきたいと思います。

クリックで投票されます↓

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

魔法使いの心得



レグナード戦で魔法使いに求められることは、
如何に早く怒りを取るか、如何に早く討伐するか



レグナードⅣの討伐がまだできていない魔法使いはこのシンラくんのツイートのいずれかに当てはまるか、もしくはすべてに当てはまると思います。1人ならまだ火力不足になったりしませんが、2人の魔がこのツイートの状態だといくらパラ僧侶のペアがしっかりしていてもレグナードⅣを討伐できません。

無題2







Ⅰ. 超暴走魔法陣の更新は迅速に!

魔法陣が敷かれていない時間が長いと、それだけ火力が低下することになります。魔法陣の仕様を理解し、魔法陣の更新は迅速に行いましょう。

↓超暴走魔法陣の仕様についてはこちらの記事で過去に書いているので確認してください↓

【杖120スキル】魔法陣のすゝめ【超暴走魔法陣】



Ⅱ.  基本はガンガンいこうぜ! 

無題1

・様子見魔法使い
私も実際に野良PTでも行ったりしていて感じることは、様子見が長い魔が多い様子見が長くて手数が減り、怒りもなかなかとれません。また陣更新が遅かったり、黄色になってから何故か後ろにさがって咆哮まで様子見をしていたりするので陣がなかったりします。特に黄色以降は非怒り状態が最も危険な状態なので、様子見で待機などしないで、陣更新をどんどんして怒りを取っていくことが望ましいです。またレグⅠやⅡでは咆哮飛ばしが簡単なのでⅠ,Ⅱの場合は咆哮飛ばしも良いと思います。しっかり陣更新ができて、玉数を打てていればレグⅠ~Ⅱなら怒り1回で討伐することができます。


・壁にはいるタイミングを見極める
基本はガンガンいこうぜですが、例外もあります。例としてレグナードのはげしいおたけびでパラと僧侶が2人とも飛んでしまったシーンなどでは怒りをとった魔法使いを守るために怒られていない魔法使いが壁に入る必要があります。先ほども書いたように、レグナードは非怒り状態が最も危険です。怒りをとった魔法使いが死ぬことによって、再び非怒り状態になってしまうので、怒りをとった魔法使いが死ぬようなことがないようにしましょう。また野良魔法使いの重さを盛っている人にありがちなことなんですが、変なタイミングで押しにいってタゲブレスを食らって死ぬというパタンもよくみています。重さ足は素早さ足に変えて、壁に行くのは最小限にしたほうがいいです。


・非怒り状態は何故危険?
非怒り状態が危険なのはHP黄色以降なのですが、非怒り状態のレグナードは遠距離タゲ指定の裁きの雷鎚や炎氷ブレス(所謂ピザ、生地)でラインをさげてくる行動をしてきます。この状態を長く続けていると、少しのミスで壊滅したりしてしまうので危険です。


・フワフワわたあめ
火力と生存率をあげるどうぐそれがフワフワわたあめです。レグナードには残りHPや怒りになる状態(HPでの怒りやトリガー怒りの違い)によって、反撃のパターンがテールモードや裁きの雷鎚モードなど変わってきます。パラや僧侶はこのモードを意識して行動していたりするのですが、魔法使いは基本的にはHP75%~近くなったらフワフワわたあめ使用のジャンプで対応することによって基本的にエンドを気にしなくてすみます。(気まぐれ追撃や証も考えると最大火力をだすには必須)

【参考動画】
ドラクエ10 レグナードIV パ僧魔魔 9分22秒




これくらいガンガンいってもいいくらいです。



3.1前期のレグナード記事はこれで最後になると思います。後期になったら石板やレベルでのプレイヤー強化もあるので、シンラくんたちとテンプレ構成でタイム狙いにいく約束もしていてその記事を後期は書けたらなと思っています。

クリックで投票されます↓

ドラゴンクエストX ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

No title

最初は、おむつが気になって他が頭に入ってきませんでしたw
真面目にみると、雷100僧かつ、パラがつっこみよけとかバフの自己更新してて、僧侶がかなりひまに見えるのが一番大きいのかなと思いました。(パラはほぼノーミスなのかな)
様子見魔よりも綿あめ(証、追撃宝珠もつけて)でガンガン攻撃するのが大事なのは最近感じていたことなので、なるほどなあと思いました。

No title

おむつです。
確かに、パラ僧侶が手練れなので安心して打ちまくれるのというのは大きいです。
野良だと、仲間のスキルも判らなく、2枚抜き時の動きを常に頭の片隅に入れておく必要が出てきてしまうので
もうちょっと様子見が多くなってしまうのは致し方無い事なのかもしれません。
個人的にはパラ僧侶やっているときにウィング食らう魔は好きです。
(それだけ打ってくれているということなので、多分)。

あと夜眠れれば十分です。
おむつを忘れずに。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

フォローお気軽に♪

その他

このブログでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。